11 Mar深泥池

京都盆地の北にある深泥池(みどろがいけ又はみぞろがいけ)には

西日本の平坦地では珍しい浮島があります。

池全体の1/3の面積があり、夏には浮かび上がり、冬には沈みます。

なんと、氷河期以来の動植物が今も生き続け、

たくさんの植物や昆虫、魚類、100種類以上の野鳥が見られるそうです。

それを保護するため、国の天然記念物に指定されています。

 

株式会社IPSコスメティックス インコ

Comments are closed.