21 Jul観測史上最高の1日

くじらです。

観測史上1位の気温となった宵々山の夜、

(1位はすぐに抜かれました)

夕暮れを待っていざ都大路へ。

家を一歩出ると熱気で倒れそうです。

“そこまでして出掛けるか?”

と心の中で自分にツッコミます。

コンチキチンのお囃子を聴かないと、

夏が来た気がしないんですよね、

と自分の行動を正当化し歩を進めます。

週末ということもあって、

人でごった返しています。

暑さ倍増といった感じです。

とあるパネルを見て、

伝統文化もグローバル化したもんだと感心。

 

ここまで消費したビールは2本。(意外と健闘!!)

余計に汗は止まりません。

1時間も歩いていませんが、

相当グロッキー。

急遽友人と連絡を取り、待ち合わせることに。

大混雑の中、落ち合うのも一苦労と思いきや、

そこは互いに地元民、細い路地を駆使し数分で合流。

すぐに話はまとまり、知り合いの料理屋へ。

お祭ですから店内は満席を覚悟で、

店頭で息子さんが焼く烏賊でもつまもうと、

お店まで辿り着くと、

丁度1組のお客さんが退出。

エアコンの効いた席に腰を下ろしました。

即席の宴は深夜まで続いたのでした。

 

株式会社 IPS コスメティックス くじら

鯨2鯨3

Comments are closed.