20 Apr悲しくなる

どうもパンダです。

先日の事ですが、家の近所を散歩していると

とある空き地で野良ネコの集団に遭遇しました。

何でこんなところに・・・と思って見てみると

どうやら心優しい人(?)が野良ネコの為にエサを

置いている場所のようです。

この写真の子は、優しい顔をしているので、

もしかしたら放し飼いの飼い猫なのかもしれません。

いや、そうであって欲しい。

パンダの家の回りにも子猫のシーズンになると、

カラスから逃れるために集団で木陰や物陰にかたまって、

兄弟が親とじゃれている姿をよく見かけます。

そのうち、1匹減り、2匹減り気がつくと、親も離れていって

最後の1匹になって、寂しげに佇んでいるなんて光景も・・・

野良ネコに関しては、複雑な感情が入り混じって、

結果としていつも傍観者となっている事にパンダ自身が

内心引け目を感じているのか、可愛いというよりも

常に申し訳ないというか、悲しい気持ちにおそわれます。

 

IPSコスメティックス パンダ

Comments are closed.