09 Mar通天閣

ども、日一日と暖かくなってきましたね。パンダです。

さて、今回は「今さら」と言われそうな通天閣のお話です。

 

大阪のシンボル的に語られる事が多い建造物ですが

現在の通天閣ですが実は二代目で、初代の通天閣は

明治45年第5回内国勧業博覧会の跡地に開業した

新世界ルナパークの中心に建てられました。何でも

高さ64mで、いかにも大阪らしくエッフェル塔と凱旋門を

足して2で割ったようなデザイン (^_^;)

当時は、アジアで一番の高さを誇り、台座(凱旋門)

部分には、ロープウェイ乗り場が有ったりして大いに

人気を博しましたが、昭和18年に解体となりました。

現在の2代目は、初代通天閣の有った場所には既に

民家が建ち並んでおり、立ち退きは不可能だったので

ほど近い公園に場所を移して再建、昭和31年に開業

高さ約100mで、現在は観光目的のみで使用されて

います。

お近くにお寄りの際は、ぜひ一度体験してみてください。

IPSコスメティックス パンダ

Comments are closed.