12 Feb二条城③

二条城の二の丸庭園に南方の植物、ソテツが植えられています。

そもそもは、3代将軍家光の時代に、鍋島藩(現:佐賀県)からソテツを1本

献上したところから始まっているようですが、平成9年に8代将軍吉宗の時代の

二の丸庭園の絵図が公表され、当時の二の丸庭園には15本ものソテツが

植えられていたことが分かり、なんと、その内の1本が現存するソテツの位置と

合致しているそうです。現存するソテツが当時のものかは不明ですが、

幕末の古い写真には写っていることから、少なくとも150年以上の樹齢は

経過していると思われます。

また、ソテツは寒さに弱いため、二条城の職員の方々がソテツの幹全体に

藁などを巻く、防寒養生を行われており、二の丸庭園の冬の風物詩となっています。

株式会社IPSコスメティックス インコ

 

Comments are closed.