04 Dec幾松

先週、桂小五郎像をご紹介しましたが、その近くに料亭「幾松」さんがあります。

幾松といえば、三本木の芸子「幾松」(後の松子夫人)で、

幕末のロマンスともいわれている、命がけで桂小五郎を新撰組から守ったエピソードもあり、

料亭幾松はお二人の寓居跡だそうです。

このお屋敷には、今でも抜け穴やのぞき穴、つり天井などが

当時に近い状態で保存されていて、希望があれば、お食事前に見学できるそうですよ。

株式会社IPSコスメティックス インコ

Comments are closed.