31 Oct木枯らし

10月30日、東京では木枯らし一号が吹いたそうです。秋を終えて、冬が本格的にスタートといった感じでしょうか。

ところで、木枯らし一号というキーワードを何となく冬が始まるという感覚でしか捉えていませんでしたので調べてみました。

木枯らしとは、日本の太平洋側地域において晩秋から初冬の間に吹く風速8m/s以上の北寄り(北から西北西)の風のことで、冬型の気圧配置になったことを示す現象のことだそうです。

ちなみに二号、三号は発表されず、発表されるのも関東と近畿のみだそうです。

いよいよ本格的な冬がやってきますので、日ごろから食事に気を付け、体を冷やさないようにして、体調管理の徹底を図っていきます。

歩いていたらクリスマスツリーも発見。街の景色まで冬型になっていってます。

IPSコスメティックス コアラ

Comments are closed.