28 Apr幸せを呼ぶ桜

今回は先週の続きで、造幣局の通り抜けの今年の桜を紹介します。

今年の桜は「鬱金」うこんです。

江戸時代に知恩院に植えられていたという、古くから知られた桜だそうで、花の色がショウガ科の「ウコン」の根の色に似ていることからこの名前が付けられたんだとか。

数百品種ある桜のうちで唯一、黄緑色の花を咲かせるです。

そして、咲いた直後は黄緑色をしていますが、やがて色が薄れて白っぽく、そしてピンク色に変わっていくそうです。

上品な色合いに変化するので、別名「美人桜」と呼ぶこともあり、幸せを呼ぶ桜と言われているそうですよ。

IPSコスメティックス ゾウ

Comments are closed.