14 Aprピンクの!

空気が粉っぽくなってきました、春ですね。

ども、気温にネガティブなパンダでございます。

ところで、以前に「苦痛を感じるほど苦手なお店」で

買い物について女性パンダとの考え方の違いを書きましたが

今回はその続編です。

ある日のこと、女性パンダから「私、スマホでは撮れないような

陰のある綺麗な写真が撮りたい」と言われました。

パンダは「また妙な事を言い出したなぁ」と聞き流していたのですが

どうやら、スマホでは表現できないような、綺麗な陰影のある写真を

見て一目惚れしたのだとか、だからそんな私もそんな写真が撮れる

カメラが欲しいとの事で、電器店についてきて選ぶのを手伝って

欲しいとの話でした。 何だか嫌な予感はしたのですが (^_^;)

揃って電器店に行きました。

パンダは、綺麗な写真をご所望というので、女性でも手軽に扱える

ミラーレス一眼を必死でご説明、パンダなりに、この機種はこんな

撮影に向いている、とか、この機種はこんなレンズなので

こんな撮影に強いなど、ざっと特徴を説明したのですが

どうやら全く聞いていません。

パンダから「ところでどんな感じの写真が撮りたいの?」と

そもそもの話から始めると、何だかめんどくさそうに

「ピンクの!」

「エエッ?何て?」

「だから、あそこで見たピンクの!」

「ピンクの!」はつまりこの事らしい・・・

それで中身や性能にはには興味が無いと・・・

やはり買い物は、すれ違いますねぇ

IPSコスメティックス パンダ

Comments are closed.