10 Febバレンタインの思い出 その2

さて、前回からの続きで

バレンタインの思い出 その2です。

我々、水産加工の中でも塩干加工品の

業者だけ 大手量販店のイ〇ミ〇バイヤーの

Aさんに呼び集められました。

何を言われるんだろうと皆が戦々恐々としていると

突然、Aバイヤーが「何で水産にはバレンタイン向け

商品が無いんだ」と言い出しました。

他の部門がバレンタイン商戦の時期に売上を

伸ばしているのを指を咥えて見ているのはもう

耐えられないそうで、今回各メーカーを集めて

アイデアを聞きたいなどと言い出しました。

それを受けて誰かが言いました。

そりゃ、バイヤー無理でしょう・・・

我々の分野は、塩鮭とか塩鯖とかサンマやアジの

開きとかですよ。

価格が高くても、塩数の子、スモークサーモンとか

辛子明太子レベル、巷に溢れているチョコレートとは

ジャンルが全く違いますからね・・・・

himono

各社の皆さん、口を揃えて「そんなもの有りませんよ」

という感じで、一応会議は終わりました。

Aバイヤーは やっぱり無理かなあと

残念がっていましたが、

その時、です。 一緒に商談に連れて行ってた同じ

会社の後輩が何気なく「バレンタインは彼氏に

あげるから、かれし明太子、なんちゃって!」と

冗談を言いましたら、なんと突然、Aバイヤーの表情が

みるみる変わり「それや~」と叫びました。

あまりに突然の事で、当初、パンダはAバイヤーが

何を言っているのか全く解りませんでした

♪~ 次回に 続く ~♫

IPSコスメティックス パンダ

Comments are closed.