07 Oct安い牛肉を美味しく食べよう

ども、毎日湿っぽくて憂鬱なパンダです。

カラっと涼しいほうが食べ物が美味しく感じられるのは

気のせいでしょうか?

さて、表題の件ですが

最近はこの手の話が多くて、大体は何を塗ったりして

肉を柔らかくする話が多いです。

例えば、ヨーグルトやパパイヤ、すりおろし玉ねぎ

マンゴーなどを塗る、漬けるのなどの話が多いですが

今回はもっとベーシックなお話です。

dsc_0159

先日購入しました 安い牛肉

50%offですので100グラム99円 (^_^;)

これを使います。

まず、調理の前に冷蔵庫から出して、肉を常温に近い

温度にして、次に、包丁で筋切りをします。

筋きりと言っても難しくはありません。

繊維がありそうな所(特に白い部分)を何箇所か

切断するだけです。

後は包丁の先を使って赤身の部分をランダムに30箇所

程度、満遍なく突き刺して、ミートチョッパー、無ければ

包丁の背を使って叩いて薄く延ばします。

そして、焼く前に手で元の形へ強制的に戻して(整えて)

塩コショウは身を固くしますので、厳禁です。

塩コショウが好きな方は、焼いた後にかけるか、

ソースに入れてください。

フライパンを適度に熱したら、油(牛脂がベスト)を引いて

片面を焼きます。

焼き目がついたら、すぐにひっくり返してごく弱火にして

フタをします。

最後は焼き目がちゃんと付いて、中心はローストビーフの

ような、火は完全に通ってないが、赤身がピンク色になる

温まった状態を目指します。

これで、何も素材を足さなくても、たったこれだけでビックリ

するような柔らかいステーキになります。

味付けはご自由にですが、フライパンの中にソースを

入れて加熱すると、場合によっては煮えた状態で固くなるので

出来ればフライパンから取り出した後に肉にソースを

付けて食べる方が良いでしょう。

ベーシックな技術で、柔らかくて美味しい肉を是非お試しください。

IPSコスメティックス パンダ

 

Comments are closed.