15 JulWindowsの思い出

暑すぎて~ 温度より湿度が憎いパンダです。

湿度めっ! 今度会ったらお仕置きだ

さて、たわごとはこれぐらいにして!

Windows 10 無料アップデート期間終了記念企画

パンダのWindowsの思い出~ パチパチパチ

今を去ること25年ほど前、若かりしパンダは当時の友人から

WindowsというOSが存在することを耳にします。

その頃はMS-DOSが全盛の頃で、OSの仕様として

シングルタスク(PC上で1つのプログラムを実行するのみ)

しか出来ませんでした。

何でも、エクセル(当時はLotus123でしたが・・・)とワード

(こちらも一太郎でした)を同時に立ち上げて、表を計算ソフト

からワープロソフトにコピペできる!

それも一回一回閉じなくて、窓にして複数(Windows)を立ち

上げておくことができると言う話でした。

え~凄いぞそれは!と思ってパンダが購入したのが

NEC版 PC-98用Windows3.1

何と!フロッピーディスク25枚    (^_^;)

それでもって、今までDOSのアプリしか持っていないので

本当にwindowsの恩恵を受けたかったら、win版を買わないと

ダメだけれど、当時はソフトがバカ高くて、

当時のWindows3.1はMS-DOSのソフトも動作できるように

「16ビットコード」で作られていたので、ソフトは結局DOSのままで

使用して、OSはお遊び程度に動かしているような状況でした。

やややっ ゲームをしたらトランプがリアルに動くぞ! (~_~;)

一方、この当時、企業向けOSとして登場したのがWindows NT

WindowsNTでは過去のOSとの互換性を捨てる代わりに効率のよい

「32ビットコード」Windowsという名称と似たデザインを持っているが

中身は全くの別物なのであります。

この時代でWindows3.1は個人向けで 次の95そして98へ

WindowsNTは企業のサーバーなどで、 次の2000へ

WINDOWS

そして、パンダは1999年頃にようやくWindowsで普通に

使えるOS 「Windows 98」 を手にします。

続きは次回~

IPSコスメティックス パンダ

Comments are closed.