13 Mayねぎま

気温が25度を超えてくると無口になってきます。

パンダでございます。

さて、皆さん食べ物の「ねぎま」ご存知でしょうか?

ネギとマグロ? ネギと鶏肉? ネギと豚肉? ・・・

えぇ混乱しますよね、実は世代が違うだけで全部正解です。

江戸時代「ねぎま」は庶民の食べ物でした。

そこらじゅうに有った「ネギ」と安価なタンパク源であった

「マグロ」をだし汁で煮た第1世代 あっという間に人気の

料理になりました。

汁物は食べ方が限定されるので、庶民が当時のファースト

フードとしてもっと食べやすいように、ネギとマグロを串に刺して

焼いた第2世代

そして、昭和に入ってから「マグロ」が急に高くなったので、

「マグロ」の替わりに安価でよく似た「鶏肉」を串に刺して

焼いた第3世代(焼き鳥のねぎま、今はこれが主流です)

先日は、冷凍庫に中途半端なマグロが有ったので

第1世代の元祖「ねぎま」を造ってみました。

DSC_0006

だし汁勝負の一品ですね、久しぶりですが旨かったです。

IPSコスメティックス パンダ

Comments are closed.