31 Dec年末。

2015年も残りわずかとなりました。

映画の話題を中心に書いてきて、今まで観るだけでしたが

ブログを通して色々と私自身が勉強させていただきました。

来年もどうぞ宜しくお願い致します。

 

前回の記事の補足

(下記URL記事より引用)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151230-00000076-spnannex-ent

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

前回「スターウォーズ」の話をしましたが、日本では週末観客動員数ランキング

(興行通信社調べ)で「妖怪ウォッチ」(約97万人)が「スター・ウォーズ」(約80万人)を抑え、

首位を獲得。世界中のファンが待ち焦がれた「スター・ウォーズ」の新作が

各国で記録を塗り替えるロケットスタートを切る中、

関係者は「ほとんどの国が興収だけでなく動員でも1位発進。

日本でもそれが当然とみられていたので、まさか“妖怪”が勝つとは

予想していなかった」と驚かれている。勝因は、ファミリー層をしっかり取り込んだこと。

興収78億円の大ヒットとなった昨年の劇場版第1弾に続き、

ちびっ子のハートをがっちりつかみ、メダルなどの特典が付いた劇場前売り券の販売数は

約102万枚で、2年連続で100万枚超えを記録。映画に登場するキャラクター

「エンマ大王」のメダルを先着で入場者にプレゼントするなどレアグッズを

入手したいというファン心理もあおり「子供には親が付き添うし、おじいちゃん、

おばあちゃんが一緒の家族連れも多い。“スター・ウォーズ”ではあまり見られない光景」(関係者)

が予想外の結果を生み出した。とニュースに!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「スターウォーズ」が安定の1位かとおもいきや、日本ではアニメが1位を

とっていたなんて驚きました。そして、ファミリー層が勝因になっているのも

驚きました!

 

 

IPSコスメティックス イルカ

Comments are closed.