19 Oct妙心寺~退蔵院~

妙心寺の塔頭 退蔵院は、室町時代の1404年に建立されました。

応仁の乱で、妙心寺とともに炎上しましたが、1597年に再建され、

今に至ります。禅と剣には精神的な共通点があるそうで、

江戸期には、宮本武蔵もここで修行に励んだと言われています。

退蔵院山門

山門をくぐり方丈を過ぎると、退蔵院の昭和の名庭

「余香苑」が広がります。

余香苑

ひょうたん池

その入り口には、大きな紅しだれ桜があるのですが、

この桜は、平安神宮にある紅しぐれ桜の孫桜で、

樹齢約50年だそうです。

余香苑の紅しだれ

2013年春の、そうだ、京都いこうのキャンペーンに使用され、

注目を集めた桜です。満開の時に、是非見てみたい1本です。

株式会社IPSコスメティックス インコ

Comments are closed.