19 Aug初体験

IMG_4117

写真は珈琲豆のカッピング風景です。

豆の味を楽しむ?感じる?味をみる・・

ワインのテイスティングのような

カップに同じグラムの豆、同じ量のお湯をいれ、数分待ちあくをとり

上澄みをスプーンですくってすすります。

次のカップにうつるときは、水のはいったグラスでスプーンを洗って

味がまざらないようにします。

最近は深入りより浅煎りで焙煎した豆が前に出てきてます。

コーヒーはもともとチェリーのような赤い実で

紅茶のようにアロマやフレーバーを楽しめる事を知りました。

国によって特徴があり、それぞれの特徴を知って飲むと

また味わい深くなるもので・・なんて

あまりわかってないですが・・笑

深煎りで味わえる苦味とはまるで違う浅煎りの珈琲

苦い珈琲をのむと甘いものが食べたくなりますが

珈琲だけの甘さ、酸味を味わえる浅煎りもおすすめです。

シマリスさん、ミルを購入されてましたね。

自分で豆を轢くと香りに酔いますね、くらくらきますよね。

深煎り、浅煎り、ぜひ違いを検証してみてください!

私は別のお店のカッピングも体験してきます☆

 

IPSコスメティックス ばんび

 

Comments are closed.