02 Aug御手洗井

京都のオフィス街烏丸通りに面して、

「御手洗井(みたらいのい)」という井戸があります。

御手洗井

通常は、このように閉ざされており、中に入れないようになっています。

かつて、この地には祇園御旅所があり、祭られている牛頭(ゴズ)天皇社に

霊水としてお供えしていました。織田信長が御旅所を移転させた際に、

この井戸が名水と聞き、鍵を施錠し、

祇園祭の時だけ井戸を開放させていたそうです。

現在も、7/15~24日の間だけ開放されています。

井戸全体正面

また、一九七〇年ごろまでは、長刀鉾のお稚児さんが井戸開きの日に

この水で手を清めていたそうです。土用の日に、あんころ餅と一緒に

このお水を飲むと、一年間病気をしないという言い伝えもあります。

井戸2

このお水、本当においしいですよ!

株式会社IPSコスメティックス インコ

Comments are closed.