22 Nov美味しい季節

どうもパンダです。

秋も深まり、食べ物が美味しい季節になりました。

今回はこれ

DSC_0172

鳴門金時 ~♫

以前に、イモは水に塗らした新聞紙で包んでから

アルミホイルで巻いて焼くように誰かにアドバイスしましたが

その理由は・・・

サツマイモにはアミラーゼという酵素が含まれています。

イモのでんぷん自体は甘くはありませんが、加熱されると

この酵素が働き始め、でんぷんを細かく分解して

甘い麦芽糖に変えてくれます。

この、アミラーゼが活発に働くのがおよそ

65℃から75℃の温度帯です。

甘い焼き芋を作るためには、

この65℃から75℃の時間帯をいかに長く

保持するかがポイントになります。

水に塗らした新聞紙で包んでからアルミホイルで

巻いてオーブントースター入れて焼くのもこの為ですが、

実はもっと重要なことは

オーブントースターに入れて、待つこと30分

イモが焼ける香ばしい匂いがしてきたら

すぐに取り出して食べていませんか?

それではダメで、焼きあがってから後しばらく置いて

65℃から75℃の時間帯でイモを甘くさせるのです。

そう! 水に塗らした新聞紙は、イモの温度を

高温にしないためもありますが、実は甘くするための

保温材でもあるのです。

イモが焼けてもすぐに取り出したらダメダメよ

IPSコスメティックス パンダ

 

 

Comments are closed.