08 Sep京都コンサートホール2~衝撃~

何がすごいって、あっ、スミマセン。先週からの続きです。

京都コンサートホールでインコに衝撃を与えたアーティスト、

それは「レ・フレール」。斎藤兄弟によりるピアノデュオです。

レ・フレールは、フランス語で兄弟という意味だそうです。

ピアノのコンサートなのに、お客さんがずっと手拍子してるんです。

連弾なのに、イスは1脚。1脚のイスに2人が座ったり、

1人が立っていたり、背中合わせに座ったり。

鍵盤の上を4本の腕がクロスする独自のプレイスタイルは聴くだけでなく、

見ても楽しめます。いや、大興奮!

そして、ピアノ線を1人が抑えると、まるでお琴のような音色になったり、

はたまた太鼓のような音が出たり・・・

ピアノ演奏途中に足でステップを踏んだり、手拍子したり、

さすが、ピアノ1台で世界中の聴衆を熱狂の渦に

巻き込んでいるアーティスト!機会があれば、是非

生演奏を聴いて(見て)みてください。絶対おすすめ!

株式会社IPSコスメティックス インコ

 

Comments are closed.