14 Jul隋心院~小町化粧の井~

京都市山科区にある隋心院には、小野小町が使っていたといわれる

「小町化粧の井」があります。

先週、隋心院には深草少尉が小野小町のもとへ百夜通ったというお話の舞台に

なっていると、ご紹介しましたが、当時、小町は「小町化粧の井」付近に住んでいました。

この井戸に自分の姿を映し、身支度を整えたと言われています。

このような井戸は全国にあるようで、京都市左京区にある「補陀洛寺」にも

「小町姿見の井」があります。

絶世の美女は、水面に自らの姿を映し、化粧をほどこし、常に美を意識していたのでしょうか。

それとも「白雪姫」の継母のように、水面に向かって呪文でも唱えていたのでしょうか。

株式会社IPSコスメティックス インコ


Comments are closed.