07 Jul隋心院~榧の古木~

先週からご紹介している、京都市山科区にある隋心院は、謡曲「通小町」で

深草少尉が小野小町のもとに百夜通ったという伝説の舞台です。

積もる思いを胸に秘め、訪ねてきた少尉ですが、小町の冷たい態度に

「あなたの心が解けるまで幾夜でも参ります。今日は第一夜です。」と、

その標に門前の榧(かや)の木の実を出しました。通いつめた九十九夜、

その日は雪の夜で、門前にたとり着いた少尉は疲れきって、

九十九個目の榧の実を手にしたまま倒れ、再起できなかったそうです。

隋心院には榧の古木の切り株も展示されています。

株式会社IPSコスメティックス インコ

Comments are closed.