11 May下鴨神社

京都市左京区にある下鴨神社(正式名:賀茂御祖神社)の創祀は

紀元前にさかのぼります。B.C.90年には朝廷によって瑞垣が造替され、

544年には葵まつり(京都3大祭りの1つ)が始められるなど、古くから

「山城の国一の宮」と仰がれてきました。

鳥居をくぐると、すぐに楼門が見えてきます。

楼門を通りぬけると舞殿(重要文化財)が目の前に現れます。

舞殿(まいどの)では、葵まつりの時に、勅使が御祭文を奏上され、

東游が奉納されます。また、御所が災害に遭われた際の臨時の内侍所と

定められています。インコが子供の頃は、葵まつりの日は小学校が

お休みでした。今はどうなんでしょうね。下鴨神社では、先日、

通常非公開の「大炊殿」と「三井神社」が公開されていましたので、

こちらは、また来週以降にご紹介したいと思います。

株式会社IPSコスメティックス インコ

Comments are closed.