16 Aprボビン。

長女の保育園の準備物にて。

食事の時に使う、前掛けエプロンを自宅で準備する必要がありました。

32センチ×32センチくらいの大きさのハンドタオル等で、

片方の端を2センチほど折り曲げて、縫っていきます。

その中に、ゴムひもを通して作るわけですが…。

“ミシン”を何十年振りかに、使いました(笑)。

ちょうど、もらい物のミシンが家にあったので、それを引っ張り出してきたんですが。

それでも、最近のミシンの機能に驚き(笑)。

名前からして、「コンピュータ・ミシン」という記載が。

電源を入れると、「ピピ!」って、まさに電子音が。

シマリスが小学校の家庭科で触ったミシンとは、比べ物になりません。

昔の、右端のレバーみたいなものをグルグル回して、針を上下に動かすこともなく(笑)。

ボタン一つで、結構、動いてくれることに驚きました。

“ボビン”とか、懐かしい言葉を説明書で見つけると、なぜか笑ってしまうシマリスです。

子供心に、“ボビン”という言葉の響きに、面白さを感じていたように思います。

 

さてさて、ミシンの機能はすごい進んではいたのですが、

やはり、最後は、人間が使うわけで。

直線を縫おうとしても、なぜか歪んで、

真っ直ぐにはなかなか縫えないシマリスでした(泣)。

※タオルを半分にカットしたので、切り口からほどける、ほどける…。

 

とあるCMの、猫をライオンに間違われるほどまでではないので、良しとしたいと思います。

 

株式会社IPSコスメティックス シマリス

Comments are closed.