31 Mar東山花灯路~円山公園編~

京都の早春の催し「東山花灯路」が今年も行われました。

南は清水寺から、八坂神社、円山公園を通り、北は青蓮院まで、

約5キロの散策路が約2500基のLED電球を使った路地行灯で照らされます。

また、京都を代表する寺院や歴史的建造物もライトアップされ、

通常は非公開の場所も、特別公開されているところも多いです。

一晩で全てを巡るのはちょっと難しいので、

今年は、八坂さんから北へ向かいました。

八坂神社を通り抜け、円山公園に入ると、牛頭天王や

烏天狗がお出迎え。

青森のめぶた祭りの原型といわれる粟田大燈呂5基が展示されています。

園内は、メッセージが書かれた桜形のシールが貼られた大型行灯や、

大型の花器に生けられたいけばなで彩られています。

そして、円山公園内を流れる小川は、約500本の青竹の灯籠で満たされ、

幻想的な情景を醸し出しています。

予想通り、すごい人でしたが、ここからが更にすごいことに!

次週は知恩院編をご紹介予定です。

株式会社IPSコスメティックス インコ

Comments are closed.