03 Feb清水寺③~音羽の滝~

清水寺は、東大路通りから約1kmの清水坂を登った、

音羽山の中腹にあります。

清水寺シリーズ第3回目は、清水寺の名前の由来となった「音羽の滝」です。

TVや雑誌で、一度はご覧になった方が多いと思います。

京都市の北から日本海へ連なる北山山地から京都盆地へ流れる

地下伏流水が、東山36峰に連なる音羽山の雨水と合わさり、

音羽の滝となっています。

清らかな水は、1000年以上も前から、とぎれることなく流れ落ちています。

3本の水には、それぞれ「長寿」「恋愛」「学問」の御利益があると

言われていた頃もありますが、これはどうやら間違いで、水は全部同じ。

3本のうちの1本を選んで、一口だけ飲むと、願いが叶うそうです。

どれか1本だけ、そして一口だけですよ!欲張っちゃいけません!

株式会社IPSコスメティックス インコ

Comments are closed.