28 Dec幸せの黄色い

くじらです。

「遭遇すると幸せになれる」と言われている

新幹線 “ ドクターイエロー ” 号、

私ゃ今まで一度もお目にかかったことがありません。

ゆらゆらえんのゾウ氏の投稿によると、

複数回お会いになっているとか。

「既に幸せな人だけが遭遇する」

の間違いじゃないかと真剣に思っていました。

うん、庶民には無縁だわ。

しかし、ついにくじらにも

キ・キ・キ・キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!

あのドクターイエロー号です。

暗くなってからしか遭遇できないところが、

庶民たる所以かもしれませんが、

とにかく衝撃の出合いであります。

電車が入線してくるとカメラ片手の“いかにも鉄っちゃん!”

という青年がダッシュでホームの端へ。

あとに続くくじら。

ホームの端の“激写スポット”には、

先客の鉄っちゃん青年2名と待機中の車掌さんが。

くじらも徐に携帯を取り出しカメラを向けます。

しかし、ホームの端はそれほどスペースがなく、

出遅れたくじらは良いアングルをゲットできません。

仕方なく、鉄っちゃん3人と車掌さんの後ろでカメラを構えます。

と、その時、

くじらの動きに気づいた2人組の鉄っちゃんのひとりが、

友達の袖を引っ張りフレームアウト。

その動きを見たもうひとりの鉄っちゃんも、

とっさにしゃがみ込みフレームアウト。

これら、シャッターを押す直前の1~2秒のことです。

で、撮影した写真がコチラ。

 

うまいこと撮れましたがなー!

(上手くはありませんが)

皆さん、ありがとう。

鉄道を愛する青年たちの優しさが存分に伝わりました。

さて、幸せは訪れるかな?

 j

というわけで、今年もくじらの拙稿にお付き合い頂き、

誠にありがとうございました。

新しい1年が皆様にとって幸せな1年になることを、

幸せの黄色い新幹線の画像を添えて祈念いたします。

 :

株式会社 IPS コスメティックス くじら

Comments are closed.