20 Dec蔓無源氏

先日、蔓無源氏(つるなしげんぢ)という芋焼酎と、その原料のさつまいもを頂きました。

なんでも、このさつまいもは、大正時代に造られていた焼酎を再現するために、

鹿児島県の農業試験場から、

現在では、ほぼ絶滅しかけていた品種の苗をわけてもらって、

約3年かけて収穫量を増やし、ようやく芋焼酎の仕込みができるまでになったそうです。

このさつまいもの味は、ふかしてみると、普通のさつまいもと違い、

とても甘味が強く、ねっとりしている感じでした。

焼酎も同様に、独特の甘い香りがあり、

とてもコクと旨みのある味わいに仕上がっていました!

 

株式会社IPSコスメティックス ゾウ

Comments are closed.