03 Oct交通科学博物館

先日、交通科学博物館へ、行ってきました。

上の表は、東京-大阪間の時代ごとの所要時間と速度の変化を表したものです。

最初、1889年(明治22年)には20時間、時速30キロだったものが、

現在では2時間30分、時速200キロ越えです。

時代の進歩(スピード)の凄さをとても感じたひと時でした!

 

株式会社IPSコスメティックス ゾウ

Comments are closed.