26 Mayビリケンさん

久しぶりに、大阪・新世界をのぞいてきました。

新世界と言えば、尖った頭と吊り上った目が特徴の、

子供の姿をしている幸運の神の像「ビリケンさん」が有名です。

…が、どうも生まれは、新世界ではなく、1908年アメリカだそうです。

制作者が夢の中で見た、神秘的な人物の姿がモデルになっているらしく、

それが「幸福の神像」として、世界中に流行したのだとか…。

それが日本に、1909年に渡来し、世界的福神として紹介され、

1912年、新世界に置かれ、それ以後、新世界の名物になったそうです。

 

株式会社IPSコスメティックス ゾウ

Comments are closed.