26 Apr高級なラジオ

どうもパンダです。

さて、はるか昔パンダがまだ中学生の頃の日本では

高級なラジオが飛ぶように売れていました。

これも当時の人気の機種で、パンダも欲しかったけど高くて買えなかった・・・

SONY スカイセンサー

1970年代の当時で2万円ほどなので

現在の物価に換算したら約10万円くらい (ΘェΘ;)

何でこんなに高いラジオ(本当にタダのラジオ)が流行していたかと言うと

BCL(Broadcasting Listening) ブームと言うものが有りまして

これは何かといいますと

放送(特に短波による国際放送)を聴取して楽しむ趣味で、

特に聴取者が放送局に受信報告書を送付した際に

その証明として放送局が発行するベリカードを収集している

人が多かった記憶が有ります。

だいたい夜中(様々な要因で受信状態が良い)小さい音も聞き逃さないように

受信の選局ダイヤルを少しずつ回して

珍しい放送局を受信したの、しないのと

1人で一喜一憂して、せこせこと受信報告書を書いては送付し

カードを集めて1人で悦に入る・・・

今にして思えばとても暗い趣味で、理解しがたい部分も有りますし

なんであの頃の男子中学、高校生はあんなに熱狂していたのか

不思議ですが、きっとその中から、その後の技術大国日本の

エンジニアが沢山育ったのだと確信できる時代でもありました。

あ~なつかしや (ΘェΘ)

 

IPSコスメティックス パンダ

Comments are closed.