21 Jan平安神宮②

明治時代の代表的な日本庭園である平安神宮神苑は、社殿を取り囲むように

東・中・西・南の4つの庭園からなってます。

四季折々に表情を変える、とても美しい庭園で、総面積は約1万坪です。

東神苑では、栖鳳池に建つ泰平閣越しに東山連山の1つ、

華頂山を借景とした優美な眺めが拡がります。

泰平閣は大正の始めに京都御所より賜った建物です。

神苑は人の手で造られて100年あまりですが、さまざまな自然の生命が

息づいており、特に鳥類は年間で50種類ほどが飛来するそうです。

神苑にいると、とてもすがすがしい空気の中で、自然の息吹を感じることができます。

 

株式会社IPSコスメティックス インコ

Comments are closed.