14 Decある日の会話

全国的に寒いですが、この時期は何故か絶好調のパンダです。

ある日の会話

ちょっと前の話ですが、久しぶりに長女と近所を散歩していて

ある電話ボックスの前に来た時に

パンダ「そういえば昔々バイトの帰りにこの電話ボックスから

『デート行きませんか』ってビビリながら電話してたなあ」

長女「何でココから電話なん?」「そんなの携帯でメールしたら済むやん」

って言うので

パンダ「当時は携帯やメールなんて便利なものは無かったの」

「ずっと電話するかどうか迷っていて、夜に腹決めて電話したらもれなく

お父さんが出てきて『どなたですか?』『ご用件は?』って聞くので

それでビビリながら電話してたのよ」「気持ちが負けて無言で切ったり・・・・

長女「ふ~ん」「携帯って昔は無かったんだ!」「すごく不便だったろうね」

と言うので、よくよく考えてみると

パンダ「それほど不自由でもないし、かえって今よりドキドキ出来て

楽しかったかも。こうやって思い出にもなるし。」

長女「ふ~ん」「よく解らないけどそんなもなの」

パンダ「無いなら無いで、あてにしないからそんなもんだよ」

長女「まず、無いという状況が考えられないし、常に繋がっていないと不安になる」

パンダ「ふ~ん完全に依存症だね!一度端末を水中に放り込んでみたら楽になるかもよ。」

長女「バカ、そんなの出来ないし・・・。」

 

IPSコスメティックス パンダ

Comments are closed.