03 Dec松尾大社②

先週の続きです。

松尾大社は社殿の背後の松尾山を含む約12万坪が境内で、大部分が

古都保存法の特別地区になっています。インコが思ってたより、はるかに広いです。

その広い境内の中には3つの庭園があり、総工費1億円で昭和50年に完成。

古代祭祀の場、磐座を模して造られた「上古の庭」。

平安貴族が慣れ親しんだ雅遊の場を表現した「曲水の庭」↓

鎌倉期に代表される回遊式庭園を取り入れ、

全体が羽を広げた鶴を模っている「蓬莱の庭」↓

昔昔からある建物に囲まれながら新しい空間が存在しているのが

とても不思議な感じがしました。

庭園は松尾大社で結婚をされる方の控え室にも面しています。

 

株式会社IPSコスメティックス インコ

Comments are closed.