05 Nov鈴虫寺①

正式名称は華厳寺といいます。

長い階段を登ったところにお寺の入り口がありますが、この階段の下までずら~っと

人が並んでます!お寺に入るのに、こんなに並んだ記憶がありません。

まずは書院へ通され、お茶とお菓子をいただき、鈴虫の音色とともにご住職の

説法をお聞きします。これがまた、ご住職というより、噺家さんのようで、

鈴虫説法と言われているそうです。出されたお菓子の包み紙には「寿々むし」と

書かれており、その説明の時も「”じゅじゅむし”と違いますよ。すずむしですよ。

中の黒い点々は鈴虫の死骸を粉にして入れてませんから。」と。

なぜ鈴虫寺が最近こんなに人気かと言いますと、日本で唯一、わらじを履いた

お地蔵様がいらっしゃって、そのお地蔵様の前で自分の住所と名前を言い、

お願い事をすると、わらじを履いてその願いを叶えに来てくださるからです。

ご住職によると、無茶なお願いでなければ、必ず1つ願いが叶うそうです。

鈴虫寺より京都市内を望む ↑

 

株式会社IPSコスメティックス インコ

2 Responses to “鈴虫寺①”

  1. […] インコさんが訪問されていた「鈴虫寺」。 […]

  2. […] 先週、ご紹介した鈴虫寺ですが、ご住職に鈴虫のお話もお聞きしましたので、 […]

RSS feed for comments on this post. And trackBack URL.