01 Nov真田幸村 鎌八幡

真田十勇士の舞台公演から、もう1ヵ月以上が経ちましたが、

家の近くに、真田幸村ゆかりの地がありましたので、

少し、覗いてみました。

このあたりの場所は、幸村が大阪冬の陣の時、

大阪城の南方を防御するための、真田丸と呼ばれた出城を築き、

徳川方の大軍に応戦したところです。

この地に、一本の榎の霊木があり、人々の信仰を集めていたらしく、

それを聞き知った幸村は、榎に鎌を打ちつけ、

鎌八幡大菩薩と称して祈念したところ、

大いに戦勝をあげることができたと伝えられているそうです。

 

株式会社IPSコスメティックス ゾウ

One Response to “真田幸村 鎌八幡”

  1. […] 前回の続きで、真田幸村が大阪城の南側に築いたと言われている […]

RSS feed for comments on this post. And trackBack URL.