24 Sep誓願寺

飛鳥時代667年に創建された誓願寺は、さまざまなお店が建ち並ぶ「新京極通り」に

面してますが、もともとは奈良にあり、鎌倉初期に京都に移転。1591年に

豊臣秀吉により、現在の地に移されました。

清少納言、和泉式部、秀吉の側室・松の丸殿が帰依したことで

女人往生のお寺としても知られています。

当時は広い境内に18の塔頭寺院があり、塀で仕切られたお寺ごとに盛り場が

続いていたので、「誓願寺さんへ行こう」と言えば、遊びを意味するほど

賑わっていた場所だったそうです。

ところが、蛤御門の変で焼け野原となり、明治5年、京都府は三条~四条間に

復興のため、新しい道を通し一大歓楽街を作ろうとしました。

これが現在の新京極通りです。このため誓願寺は6500坪の境内の内、

4800余坪の土地を没収されました。また、誓願寺は、これまでに10回もの

火災に遭っており、現在のコンクリートの本堂は昭和39年に建てられたものです。

松の丸殿画像や毘沙門天立像、誓願寺絵巻など、多数の宝物がありますが、

いずれも常時の公開はされていません。

かなり人通りが多いところなので、今回、非常に写真が撮り辛かったです。

株式会社IPSコスメティックス インコ

Comments are closed.