06 Sep喜寿

身内で今度、喜寿のお祝いをすることになったので、

由来や語源を少し調べてみました。

 

喜寿とは、数え年で77歳の長寿のお祝いで、

「喜」という字の草書体が、「七十七」と読めることから、

そう呼ばれるようになったそうです。

そして、祝い方は、還暦の赤ではなく、

日本では昔から、

高貴な色とされてきた紫色の座布団を贈ったりするものとされてきたようです。

 

しかし、今の77歳は見た目にも、とても若々しいので、座布団ではなく、

現代風のプレゼントを今、検討中です!

 

株式会社IPSコスメティックス ゾウ

Comments are closed.