13 Nov子供が見ています

こんにちは、くじらです。

ただ今、11月11日の正午を回ったところです。

今日は、サッカーワールドカップ3次予選のタジキスタン戦があります。

この、原稿がアップされる頃は、既に試合が終っていると思いますが、

微妙なタイミングで、その話題を。

前回の対戦のあと、タジキ選手のフェアプレーについて、

感心しましたということを、書かせてもらいました。

昨日テレビの取材で、タジキの関係者が、

そのフェアプレーについて語っていました。

「大差で負けることは、何も恥ずかしいことではない。

それよりも、汚いプレイをすることで、

試合を見た子供たちに、『サッカーは醜いスポーツだ』

と思わせることは、絶対にしてはいけない。」

といようなことを話しておられました。

心動かされました。

決して豊かではない、国家の中で、

サッカーは、国民の楽しみであり、唯一夢中になれるものだそうです。

今日も、見ていて気持ちの良い試合が繰り広げられそうです。

日本も、フェアに闘うことで知られていますが、

今日は、敵地での戦い、いわゆる「アウェイ」です。

心配なところは、そのファールではないかと思っています。

特に、ディフェンダーは競り合いで不用意に手を使い、

ファールを取られるケースが目立ちます。

フェアな相手のホームゲームだけに、

こちらのファールが目立つかもしれません。

自陣でのファールからピンチを招たり、

カードを貰う事にならないよう、祈ります。

      

株式会社 IPS コスメティックス くじら

Comments are closed.