03 Oct仁和寺③

二王門を抜け、勅使門をくぐると、御殿の中でも最も重要な建物 「宸殿」 があります。

宸殿には、白川砂を敷きつめた簡素美を表した南庭と

池を配した、晴れやかな北庭があります。

宸殿には西から東に向けて上段、中断、下段の間の三室によって構成されており、

それぞれに美しい襖絵が描かれています。

さまざまな国宝・重要文化財に指定されている宝物が保管されている霊宝堂は、

春と秋の期間限定で公開されていますが、この日は残念ながら非公開の時期でした。

四季折々の仁和寺を訪れてみたいものです。

 

株式会社IPSコスメティックス アイピイエロー

Comments are closed.