28 Sepゲームっ子☆

子供の頃は、わりとゲームッ子だったシマリスです。

最近、TVCMで、「ドラゴンクエストⅠ・Ⅱ・Ⅲ」をよく見かけます。

シマリスの頃は、

ドラゴンクエスト、略して「ドラクエ」(Ⅱ~Ⅴくらい)と、

ファイナルファンタジー、略して「FF」(Ⅱ~Ⅴ)が、2大RPGとして、君臨していました。

確かにシマリスも、ドラクエ、FFでも遊んだんですが、

個人的には、

もう一つのRPGに熱中していました。

『女神転生Ⅱ』

今ではわりと当たり前ですが、当時としては、かなり斬新なシステムで。

「神」と「悪魔」の戦いなのですが、敵として出現した「悪魔」と「交渉」して、

自分の仲間にしてしまう、というシステム。

そして、仲間にした悪魔同士を「合体」させて、より強い悪魔を仲間にする、というもの。

また、敵として出現する「悪魔」にも、「戦う理由」があり、その理由に思わず納得してしまったり…(笑)。

「神」が絶対に善いもの、という、当たり前のような当時の流れの中、

自分の選択次第で、なんと、その「神」すらも倒してしまう、というストーリー展開。

子供心に、かなりの衝撃を受けました。

一律的な物事の見方・考え方だけではない、というようなことを学んだように思います(笑)。

この凄さを他の友達にも、なんとか伝えようとしましたが、なかなか、伝えられず、

わかってもらえず、ちょっと、さびしい思いをしたことが思い出されます(笑)。

株式会社IPSコスメティックス シマリス

Comments are closed.