02 Aprチャリティー

くじらです。

先日のサッカー日本代表のチャリティーマッチ、

感動的でしたね。

あそこでKAZUが決めるとは。

結果だけ聞いた友人が「どうせ、ヤラセやろ」

と毒ついていましたが、何の何の、

あれはメールで打ち合わせしていても出来ないでしょう。

  

さて、くじらも先週は地元でチャリティーマッチ観戦。

ちゃんと募金もしてきましたよ。

試合前には、被災地の皆さんのことを想い、

大きな横断幕にたくさんのメッセージが書き込まれました。

「ニッポン!ニッポン!ニッポン!」

両軍サポーターのニッポンコールで試合が始まりました。

セレッソのサポーター席の前には、

仙台・鹿島・水戸のユニフォームが掲げられています。

被害が大きかった地域の仲間と一緒に闘っているという証、

Jリーグを応援するサポーター同士の絆です。

実はセレッソは、先のアジアチャンピオンリーグでも、

同様にユニフォームを掲げ、タオルマフラーを巻いて応援していました。

その様子がテレビに流れた時、被災地の人たちは大いに勇気付けられたと聞きます。

試合終了後、両チームの選手が「チカラをひとつに」

と書かれた横断幕持って場内を一周しました。

またまた両軍サポーターから

「ベガルタ仙台!」

「鹿島アントラーズ」

「FC水戸!」

「栃木SC!」

と各チームのコールがスタジアムに響きます。

心がひとつに、チカラがひとつに、この光景にくじらは感動でした。

日本人もまだまだ、捨てたもんじゃない。

今日一日、この一瞬を全力で頑張ろう、

そんな思いにさせてくれた一日でした。

 

株式会社 IPS コスメティックス くじら

Comments are closed.