27 Mar空也堂

この度の地震で被災されが方々へ心よりお見舞い申し上げます。

 

空也堂は空也上人を本尊とするため「空也堂」と呼ばれていますが、

正式には「紫雲山光勝寺極楽院」と称する天台宗のお寺です。

毎年11月の第2日曜に空也上人を偲んで「空也忌」の法要が営まれます。

普段は写真のように、山門は閉じられており、左端には「くうやどう」と彫った

石標が建っています。ちょうど、隣が駐車場で、そのすきまから

地蔵堂は見ることができました。

防火のご利益があったので「北向火除地蔵」と呼ばれているそうです。

空也上人は諸国遍歴の途中、道を造ったり、井戸を掘ったり、橋を修理したり、

社会的偉業も行われていたそうですが、出生に関することや、若い頃の経歴などは

曖昧で、天皇家出身の貴人だという説もあります。そして六波羅蜜寺では

「醍醐天皇の第二皇子である空也上人によって開創された」と記されています。

空也上人が民衆に信仰を広めるために太鼓をたたき踊りながら念仏を唱えたのが

起こりと言われている「六斎念仏踊り」を1度見てみたいと思います。

 

株式会社IPSコスメティックス インコ

Comments are closed.