02 Marカンカンフリル☆

3月に入り、春の雰囲気がグッと近づきつつあるように思いたい、シマリスです。

それでも、わりと寒い日が続いています…。

 

先日、妻が買ってきたパンジー。

「パンジーのカンカンフリル」というものらしく、

花びらのフリルがとても可愛らしいです。

 

パンジーは、園芸品種として改良されたスミレ科の植物。

何千種もあると言われてるらしく、

その品種改良の歴史は、200年近くあるらしいです。

(ムーランルージュというパンジーも、話題に上ってますね♪)

ちなみに、「パンジー」の名前の由来は、

フランス語の「パンセ(思考・考え)」から、つけられたらしいです。

花の模様やカタチが、「人が考えている顔」のように見えることから、

そのような名前になったらしく。

 

名前の由来と違って、お花は可愛らしく感じるシマリスです(笑)。

 

春の花壇を賑わすことが多いと思うパンジー。

これからの季節、見かけることが多くなるかもしれません♪

また、新しいパンジーも、これからも生まれてくるんでしょうか?

“美しく、新しく”

パンジーに、負けないように、頑張りたいと思います☆

 

株式会社IPSコスメティックス シマリス

Comments are closed.