22 Octボディデザイン 第3部

今回は第3部のボディデザインのお落とし穴、補給の重要性(摂取)を

お送りしたいと思います。

第1部でもお話ししましたが、ただ体重を落とすだけであれば、

食事制限をすればいいのですが、今回の目的は

自分の目指すボディデザイン(体脂肪10%)を達成することなので、

脂肪を燃焼させやすい身体を作ることも、とても重要なポイントになってきます。

脂肪を燃焼させやすい身体とは、基礎代謝量が大きい身体となります。

基礎代謝とは身体を動かしていなくても、

呼吸をしたり、心臓を動かしたり、体温を保つなどにより、

生命維持の為に使っているエネルギーの事です。

そして、それは年齢・性別または筋肉量によても大きく変わってきます。

<基礎代謝量の計算方法>

男性・・・66.5+(体重×13.75)+(身長×5.003)-(年齢×6.775)

女性・・・665+(体重×9.6)+(身長×1.8)-(年齢×4.7)

ちなみに私のスタート時の基礎代謝量は、1566kcalでした。

この計算式で導き出された数字に日常生活で消費されるエネルギーとして、

1.4を掛けると生活代謝量というものが出ます。

1566kcal × 1.4 = 2192kcal

この生活代謝量というものは、普通に生活しているだけで消費されるエネルギーなので、

言い換えると、1日に(私の場合は)2192kcalの食事による補給(摂取)が

必要とういうことになってきます。

よくダイエットをして、リバウンドなどの悲惨な結果を耳にしますが、

食事を抜くことで体重を落とした場合、筋肉や骨、内臓など

脂肪以外を落とすことになってしまい、その結果、代謝が落ちて

太りやすく脂肪が蓄積していく身体へと変わってしまうと言われています。

そこでポイントとなるのが、目的に効果的な食事方法になります。

が、次回がちょうど、このプログラムを始めて1ヶ月にもなりますので、

節目の1ヶ月の結果報告も併せまして、次回に「補給の重要性その2」を

お送りさせていただきたいと思います。

株式会社IPSコスメティックス ゾウ

Comments are closed.