01 Aug本能寺

本能寺といえば、明智光秀が謀反を起こし、織田信長を討ったとされている場所という

のは、皆様ご存知の通り、有名なお話です。

現在の本能寺は、京都の寺町通り御池を下がったところにありますが、この本能寺は

「本能寺の変」の後、豊臣秀吉によって再建されたもので、

当時は現在の京都市役所の場所も含む、広大な寺地だったようです。

本能寺は室町時代に創建されて以来、何度も移転したり焼失したりしておりますが、

いわゆる「本能寺の変」が起こった時には現在の地ではなく、蛸薬師通り小川辺りに

あったそうで、現在はそこに石碑があります。

本能寺の変といえば、歴史上、何が事実なのか不明な点が多いミステリーとされて

いますが、石碑の前に立つと「ここであの歴史的な大事件が起こったのか・・・」と

ふと空を見上げてしまいました。

そして、インコが書いてきた京都シリーズの中のいくつかの場所は、すごく近くに

位置しています。地図にするとこんな感じです。

の場所は全て徒歩15分~20分圏内にあります。

時代は違えど、この辺りを歴史に名を馳せた著名人たちが行き交っていたかと思うと、

同じ場所にたたずむだけで、歴史のロマンを感じます。

株式会社IPSコスメティックス インコ

Comments are closed.