29 Jun今夜、日本中が熱くなる

くじらです。

縁起をかついで、またまた講釈めいた話にお付き合いください。m(__)m

  

今夜はベスト8を賭けた南米パラグアイとの戦い。

相手は南米予選でブラジル・アルゼンチンに土をつけ、

南米3位で勝ち上がってきた強豪国です。

しかし、無理やりポジティブに考えますと

①     今大会グループリーグ首位通過とはいえ、1勝しかしていない。

②     今大会出場国の中でFIFAランキング最下位のニュージーランドに勝てなかった。

たいしたこと無いんじゃない?

てなこと考えてると痛い目に会いそうです。

  

パラグアイは同じ南米でも、ブラジルやアルゼンチンのような、

攻撃的なサッカーではなく、伝統的に堅守を武器に戦うチームです。

今年のチームもしかり。

しっかりとした守備から速攻をかけてきそうです。

相手が守備的なだけに、日本代表は予選の3試合に比べ、

ボールを持つ時間が長くなる可能性があります。

そこで間違ってはいけないのが、ボールを持った時に調子に乗って

前掛かりにならないことです。

特に前半は攻撃に人数をかけずに攻めたい。

そこで、鍵になるのが、大久保・松井両選手のドリブル突破です。

相手も日本のフリーキックの脅威は感じているでしょうから、

簡単にファールで止める訳にはいきません。

そこで両サイドから、縦への突破ではなく、中へ切り込むドリブルを仕掛ける。

ドリブルからシュートを狙い、入れば儲けモン、フリーキックを貰っても儲けモンです。

ボールを奪われても、守備の隊形は整っているので、失点の心配は少ない。

それでも勝負どころは、やはりフリーキックということになるでしょう。

直接は警戒されるでしょうから、今度は壁の裏や横から、闘莉王あたりがズドンと。

で、最悪0-0のPK戦、上等です。

ゴールキーパー川島選手、乗ってます。

キーパーは、日本が1枚上、PK戦、上等です。

 

今回のワールドカップは、勝負度外視で、まったりと観戦するつもりでしたが、

嬉しい誤算で、勝負モード全開になってきました。

今日も、くじらの放言にお付き合いいただいた方、誠にありがとうございます。

GOOD LUCK!

株式会社IPS生命科学研究所 くじら

Comments are closed.